雨で濡れたテントの乾燥方法について【mont-bell/ムーンライトの場合】

テントの乾燥方法ギア

皆さん、こんにちは(^▽^)/

今回は雨に濡れてしまったテント(我が家の場合、mont-bell/ムーンライト7)を乾燥する方法をご紹介したいと思います。ちょっとしたテクニック的なことですので、場所さえあれば誰でも可能なはずです。また、多くのドーム型であれば、似たような形で対応できると思いますので、参考にしてみてください。

qoo5
qoo5

ちなみに、”テント乾燥サービス”などは利用しない前提です。ただ、この手のサービスも数千円~あるみたいなので、定期的には利用してもいいかなーとか最近考え出しています。ただ、今回は自前でやる方向での記事になりますので、また別の機会でご紹介できる事があれば記事にしたいと思います。

まずは、撤収時にいかに濡らさずに片付けるかが基本になります。ここでの差はそのまま帰ってきてからの手間にも差が出ますので、撤収時には雨の中とはいえ出来る限りの事はしておきたいところです。タープと違いテントは、寝る場所になるので、カビが生えたら最悪ですし、乾燥と言っても時間も必要なので、濡れている量は少ないに越したことはありません。

ムーンライトを極力濡らさずに撤収する方法についてはこちらです

それでは早速、順番にご紹介していきます!
※私は家の駐車場(戸建て)で作業していますが、広い公園などでも可能だと思います。
 家の方が待ち時間に困らないので便利ではありますが(^_^;)

スポンサーリンク

グラウンドシート+フレームのセット

まずは、グランドシートとフレームをセットして、テント本体やフライシートを張れる状態にします。この時のグラウンドシートは緑色が上(ピンが表面)になるようにします。下の写真にもあるように、グラウンドシートの裏面(緑色)にはフレームがセットできるようにピンが収納されています。そのピン全てをフレームにセットすると、テント本体とセットしたのと同じ状態に自立します。

mont-bell:ムーンライト乾燥方法-フレームセット
mont-bell:ムーンライト乾燥方法-グラウンドシートのピン

先ほどの記事「雨天時のテントの撤収方法について【mont-bell/ムーンライトの場合】」にも書いているのですが、グラウンドシートはできれば表面(銀色)をあまり濡らさない状態で片付けられるとベストです。このように自立させたとき、底面側に銀色の面がくる形になりますが、乾燥した状態で撤収できていると、表面は乾かす必要が無くなるためです。
※2枚目の写真を見たらわかりますが、キャンプ場で底面にしていた緑色の面はまだ水滴が残っています。(撤収した翌日の午前中です)

テント本体の乾燥作業

テント本体でどうしても濡れてしまう部分はボトム部分になります。フライシートからはみ出る部分でもありますし、底面は上から流れてきた雫が垂れてくるため常時濡れている部分でもあります。逆に底面自体(中央付近)はグラウンドシートがあれば、濡れることはあまりありません。
※グラウンドシートがテントからはみ出た状態でセッティングしてしまうと、そこから水が浸入するのでそんな時はやばいことになりますが。大雨の時は結構真ん中近くも濡れますけど。

qoo5
qoo5

ムーンライトの場合、下半分の茶色い部分がそうです。耐水圧は高く設計されていますが、濡れること自体は避けられないですね(笑)

写真だと分かりにくいですが、ピンが出ている付近が結構濡れています。このままだと底面との境目付近がが一番乾きにくいです。よっぽど気温の高い時期でないと、ホントに中々乾かないです。
では、どういう方法で乾燥作業を進めていくと楽なのか見ていきましょう!

フックの位置を上の方で無理やりセッティングする!

mont-bell:ムーンライト乾燥方法-テント本体固定

テント本体にはあまり優しくないのですが、こうすることによって底面も無理やり引っ張り上げられるため、一番乾きにくい側面-底面の境目が外側に出てきます。この状態で置いておくだけですぐに乾きますよ!
ただし、条件は撤収時点で上半分(緑色の部分)がほとんど濡れていないこと。このやり方の場合だと上方向に無理やり上げた状態でセットしている為、上半分がぐちゃっとなるため濡れていた場合だと逆に乾きにくくなります。

qoo5
qoo5

このやり方だと、一番乾きにくい底面/側面の境目付近が外側に出てくる形になるので案外すぐに乾きますよ!

こんな感じで底面も濡れていますねー(^_^;)
でもこんな感じで表側に出てくるので簡単に乾かすことができます。広い場所だったら完全にテントをセッティングしてひっくり返してしまうってのも手なんですが、私自身は上面(緑色)の部分を地面に転がすのがあんまり好きじゃないので、地面が綺麗な芝生じゃないキャンプ場では避けるようにしています。

でも、注意点が一つ。
グラウンドシートが濡れた状態で作業を進めると、テントの底面がまた濡れてしまいます(笑)
ですので、グラウンドシートを先に拭いて乾かしてしまうとかする必要があります。もう一つの手はまずフライシートをこの状態で乾かすこと。フライシートが乾く内にグラウンドシートも乾いています!

mont-bell:ムーンライト乾燥方法-フライシート

こんな感じですね!スペースに余裕があれば前室部分もちゃんと引っ張ってピーンってしてあげれば綺麗に乾くんですけど、スペースの都合で私はだらってしたままですけど…。これだとしわが残りやすいんですよね(^_^;)

おさらい
  1. グラウンドシートを広げる。(緑色が上面)
  2. フレームをセットする。
  3. フライシートをセットして乾かす。
  4. テント本体を通常より上側にセットして乾かす。
  5. 乾いたものから順番に畳んで収納。

2021.11.21追記

最近少し近くの公園で思いっきり広げて乾燥させてきました!
自宅だと中々広げて乾燥させるのは難しいので、たまにはこんな乾燥もありですね!

テントとタープを天日干しで完全に乾燥させてきた記事はこちらです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました