ただの鶏肉も激旨に変身!【ほりにし】の恐るべきパワー。

鶏肉のアルミホイル焼きキャンプ飯

皆さん、こんにちは(^▽^)/

今回は、先日行った神鍋高原キャンプ場でのキャンプ飯ネタです。
子供と一緒にピザを作った記事を書きましたが、品数不足という事で焚き火台を使ってもう一品作ってみました。メインディッシュはピザなので、横で簡単に作れて追加のオカズにちょうどいいもの…という事で鶏肉のアルミホイル焼きをつくることにしました!

そこでタイトルの【ほりにし】です。ご存じの方は当然ご存じな、あの【ほりにし】です!
もったいぶるほどのものでもないかもしれませんが、いわゆるアウトドアスパイスです(笑) これを振りかければ何でもアウトドア感のある味に変わる超絶便利なスパイスです。そんな”ほりにし”を使った超お手軽&美味しい鶏肉レシピについて、ご紹介します!

子供と一緒につくったピザの記事はこちらです
スポンサーリンク

まず鶏肉に下味をつけていきます

アルミホイルの上に解凍した鶏肉をのせて、表裏ともに”ほりにし”を振りかけます。振りかける量はお好みなのですが、かけすぎると味が”ほりにし”味になってしまうので、軽めがオススメです。私はいつも写真ぐらいの具合にしています。ちなみに今回はあくまでサブ的な一品扱いだったので、鶏肉+”ほりにし”のみにしていますが、チーズを入れたり他の具材(玉ねぎとか)を入れても美味しいと思います。

鶏肉のアルミホイル焼き-ほりにしで下味

※鶏肉はきっちり解凍しておかないと、厚めの場合に中まで火が通らない恐れがあるので、注意してください。解凍した状態で持ってくるとなると、それはそれで夏場は特に不安なので難しい所ではありますが(^_^;)

qoo5
qoo5

冷凍した鶏肉はキャンプ場に着いたらまず外に出しておくと、気温にもよりますが夕方にはちょうどいい具合に解凍できてます!

下味をつけたら、アルミホイルで丁寧に包んであげます。これで下準備は完了になります。

後はひたすら焼くだけ!

鶏肉のアルミホイル焼き-モンベル:フォールディングファイヤーピット

そうです。レシピという程の料理ではありませんm(_ _)m
今回は、焚き火台(モンベル:フォールディングファイヤーピット)もあるので使ってみようということでこのメニューをチョイスしています。細かい火加減がコントロールしづらいのもあり、ちょっとギャンブル気味に焼きましたが、ピザを作っている間は基本的にほったらかしだったので、中々楽ちんメニューでした。

qoo5
qoo5

お肉って塩コショウとかで軽く味付けしてあげれば、後は焼くだけでも十分美味しいですし、外で食べるとなおオイシイ(笑)

今回も少し焦げて固めにはなってしまいましたが、十分美味しかったです!

反省点…。

どのぐらい焼けば中まで火が通るかとか正直分かりません(^_^;)
そのため、とりあえず多め多めで焼いてしまったので、アルミホイル焼きの割に固めに焼きあがってしまいました。また、火加減も強すぎたのもあり、底面が焦げ焦げ&穴が開くという非常事態!オイシイ煮汁みたいなやつも大半が流れ落ちたりしましたし、少し残ったのも焦げ付いてしまいました。
次回からはアルミホイルを2重か3重にすべきだったと反省です。

鶏肉のアルミホイル焼き-焦げた
鶏肉のアルミホイル焼き-焦げた

また、今回は鶏もも肉を1枚そのまま焼きましたが、逆にサイコロ状に切って焼いてみても良かったかも?とは少し思いました。そうすれば火加減を気にして焼きすぎる心配も少し減るのでは?とか考えもしています。ここらは次回以降の検討事項ですね!
ただ、アルミホイル焼きにしたことで、焚き火台に付属している焼き網が全然汚れないというメリットもあります。(多少それを狙ってホイル焼きにしましたけど。)
この点はありがたいですね。洗う手間もないですし、次回も綺麗な焼き網を使うことができます。

アウトドアスパイス:ほりにし

最後になりましたが、”ほりにし”について。タイトルで煽っておいて今更なのですが(^_^;)
この”ほりにし”ですが、とりあえず振りかければ何でも”ほりにし”味になります。中華料理で使う「味覇(ウェイパー)」のアウトドアスパイス版って感じです(笑)

今回は鶏肉のアルミホイル焼きに使いましたが、普通にBBQなどで焼いたお肉に振りかけても十分に使えるスパイスです。焼肉を塩で食べるのとはまた違った味わいになりますし、ホント何にでも使えます。キャンプ以外でも我が家はちょくちょく使っていますが、炒め物に入れても味のアクセントになりますし、私はたまに白ご飯にふりかけの代わりに少し混ぜたりして食べることもあります。

qoo5
qoo5

とりあえずキャンプの時はメニューに関わらず必ず持っていきますね。

ただ、最初の方でも少し触れていますが、中々主張が強い味(おいしいんですけど)なので、量が多いとこの味しかしないというか”ほりにし”味になってしまいます。調味料は何でもそうかもしれませんが、使い過ぎには注意が必要です(笑)
そのため、ちょっとずつしか使わないからあんまり減らない(^_^;)

今回は焚き火台を使った超お手軽メニューでした。参考にしてみてください。

購入品

  • アウトドアスパイス【ほりにし】

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました