キャンプで作る【PIZZA/ピザ】は子供も楽しめるお手軽メニュー!

窯焼きピザキャンプ飯

皆さん、こんにちは(^▽^)/

今回ご紹介するキャンプ飯は【PIZZA/ピザ】でございます。”何を食べるか”はキャンプの楽しみのひとつですが、子供のいるファミリーキャンプでは、一緒に作れるメニューであればより楽しめます!
もちろんシンプルにBBQでお肉ってのも大人的には大歓迎ですけれども、作るという過程を(特に子供が)楽しみづらいってのも事実ですよね。ピザはどちらかというと作るという過程がメインかもしれません。

と言う訳で、今回はキャンプで作るピザのご紹介です!
※ちなみにアイキャッチ画像はイメージです(笑)
 窯でなんぞ焼いたことはございませんm(_ _)m

スポンサーリンク

必要なものは??

「ピザ」と言っても様々な種類がありますし、どのレベルまで凝るかや具材をどうするかによってパタンはたくさんあります。我が家では<子供が楽しめる><子供が残さず食べる>のを最優先にチョイスしています。
まず、<子供が楽しめる>という点についてですが、やっぱり自分で作るということ自体が楽しめないとダメかなと考えています。その為、ピザ生地については、出来合いのものではなく、ピザミックスを混ぜて自分で”コネコネ”ってすることを選んでいます。

レシピ:ピザ-ピザミックス
qoo5
qoo5

うちの子だけなのかもしれませんが、子供ってコネコネするの好きですよね?泥遊びだったりスライムだったりあーゆーのです(笑)

ピザミックスも色々な種類があると思いますが、我が家では水だけで出来るものを優先的に選びます。混ぜるものが水だけだと、低学年の子供に全てを自分でやらせてみても間違いが起こりにくいので。
(もちろん横ではちゃんと監視していますけど)
また、キャンプにあれこれ調味料を持ってくるのがめんどくさい(忘れがちだし)のもあり、最小限で出来るものの方が簡単だし、というのも理由ですけど(笑)

残りは具材ですが、ここはもうお好みで!
各家庭(子供)によって好き嫌いもあるでしょうし、こんな時ぐらい好きな具材だけ乗せてもいいかと思います。我が家でもピザをキャンプで作るときは、具材のチョイスは子供たちです。大抵はハーフ&ハーフにして、半分は大人メニューとかにしますけど、ベースの具材は子供に選ばせるようにしています。
↓ちなみに今回の具材です。

  • シュレッドチーズ
  • ミニトマト
  • ソーセージ
  • コーン
  • ピザソース
qoo5
qoo5

ピザとしては、さすがにちょっと寂しい具材です…。

別で紹介しますが、鶏肉のホイル焼きを横で作っていたので、今回はそちらをメインにしていたので、これでヨシにしました(笑)

早速調理スタート!

具材を混ぜる

レシピ:ピザ-水を投入
レシピ:ピザ-こねこね

ある意味一番楽しいかもしれない、”コネコネタイム”です。ピザミックスに分量通りの水を投入したらあとは混ぜて、こねてこねて…。我が家のお嬢も楽しんでこねていました。(遊んでいたに近いぐらい…。)

qoo5
qoo5

子供たちが料理を楽しんでやってくれているので、それだけで十分です。

家でやるよりキャンプとかで料理する方が断然楽しめますね!

しばしお休みタイム

レシピ:ピザ-寝かす

毎度のことながら緑色のタープの下での写真なので、微妙な色ですいません。
子供たちが”こねくり回した”ピザミックスは丸めて少しの間寝かせます。

生地を広げる

レシピ:ピザ-フライパンに広げる

次に、フライパンにオリーブオイルをひいて、その上に薄くピザっぽく(笑)広げていきます。熱源や具材にもよりますけど、あまり何も考えずに均等に広げてあげるのが、何だかんだで一番良いように思います。何度かピザは作っていますが、中央部を厚めにしてみたり、外側だけを厚めにしてみたりとか色々試しましたが、所詮はフライパンでの焼成のため、上側が焼けません。ですので、余計なことはせずに素直に広げるのがバランスがいいよねって我が家では結論づけました(^_^;)

センスの問われる飾りつけ!

次の工程は、ピザソースを全面に塗って、具材を乗せていきます。
我が家のお嬢は”ニコチャン?顔?”を作ったそうです。トマトで目と鼻と口を、ソーセージでほっぺを、コーンとチーズで髪の毛のようですね!なかなか上出来(笑)

レシピ:ピザ-飾りつけ

残りは焼くだけ?

そうです。残りは焼くだけです。
でもここからが難しいんです!(私だけ?)

qoo5
qoo5

ちなみに写真はありません…。

改めて見てみると焼く前とほとんど一緒でした(^_^;)

チーズがちょっと緩くなっただけという…。

どうしてもフライパン(年季も入っているのですけど)で焼くとなると、石窯やオーブンで焼くのとはわけが違います。

  • 底面が焦げやすい
  • 上面がカリっと焼けない
  • 時間がかかる

主にこの3点が難しい要因です。(フライパンの問題はありますが)焦げやすいので、火加減は弱めにします。すると当然時間がかかります。という事は1枚目と2枚目の間に待ち時間ができてしまうんですねー。他のメニューで穴埋めするにしても、なかなかね(^_^;)
また、フライパンでふたをして焼いても、どちらかというと蒸し焼きなので、上面をカリッと焼くのはたぶん無理です。(いいやり方あれば教えてください!)

そんな訳で、作るのは楽しいけれども、焼くのが難しいキャンプで作るピザのご紹介でした!
ちなみに、底面はちょっと焦げたけれども子供たちはちゃんと残さず食べてくれました!やっぱり自分で作ったものは食べますねー(笑)

ちなみにピザを作った時のキャンプの様子はこちらです

購入品

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました