スノーピークの社長辞任のニュースを見て感じた事

社長辞任雑記類

皆さん、こんにちは(^▽^)/

今回は本当にただの雑記というか、タイトル通りスノーピーク社長辞任のニュースを見て感じた事を書くだけです。ニュースの詳細などが知りたい方はGoogleなどで調べて頂ければと思います。

ざっとだけ内容を振り返りますが、スノーピークの代表取締役社長執行役員である山井梨沙氏が辞任することになり、後任には代表取締役会長執行役員であり前社長の山井太氏が再任することになったとの事。辞任理由については既婚男性との交際と妊娠であり、本人からの申し出を会社が受理だそうです。

▼スノーピークのプレスリリース
代表取締役社長執行役員山井梨沙の辞任と代表取締役社長執行役員の交代について

書いている内容はごくごく個人的な感想がほとんどですので、事実と異なる部分も含まれているかもしれません。その点はご了承いただければと思います。

qoo5
qoo5

最初、このニュースをスマホの何かのアプリの通知で見て、ざっと流し見しかしなかったので、『妊娠で辞めるんだ』ぐらいの認識だったんですよね(^_^;)
子育てはもちろん大変だし、社長業も大変でしょうし、でも辞めるんだ~みたいな。わざわざニュース速報で出るの、こんなのがとか思っていました。

でも、よくよくちゃんとニュースを家で見てたら、”既婚男性との交際”って見て、『あ~不祥事ってことね』とニュースの意味をやっと理解しました(笑)

ここ数日、他のニュースや記事など見ていても大きく2方向の意見がありました。

『不倫しているので、辞任は当然だ』という論調。
一般的な感覚ではこれが多いのかもしれません。会社のイメージをダウンさせているので、経営者として会社に損害を与えている・不祥事にあたるため何かしらの責任は取る必要がある、と言う話ですね。

もう一つの方向性が、

『私的な事と経営者としての実績は別では?』との論調。
東洋経済でもこの方向性の記事が出ていましたね。確かに、経営者としてどうなんだという点を無視して辞任すべきと言う話はフェアではないです。詳しくは記事にもありますが、ジェフ・ベゾスやイーロン・マスクの不倫はあったけど辞任していないよね、と言う点はまさにそこです。

私自身は会社を経営しているわけでもなく、経済・経営学者でもない、ただのサラリーマンです。勤めている会社は上場していないので同じ状況ではありませんが、”自分が働いている会社の社長が不倫してニュースになるってどうなの?”って考えてみると、まぁ、嫌です。もちろん社長が経営者として素晴らしく、会社自身も成長させているのであれば、もう少し割り切れるかもしれません。でも、『プライベートはご自由に』ってならないと思います。典型的な日本人思考なんですかね。逆方向の公私混同というか、プライベートにも仕事と同じものを要求してしまうというか・・・。

実は私、スノーピークの株式を所有しているので株主でもあります。ここ数年のアウトドアブームに乗った形もありますが、株価の上昇(ここ1年ほど微妙ですが)は経営者として及第点な気もします。実際の社内の評価などは分かりませんが、スノーピークと言う会社自体を評価=経営者としての評価は即辞任になるほどなのかなーとも思ったりします。

一方で、辞任された山井梨沙氏=最近のスノーピークはどう?と聞かれると、『ん~、いまいち。』というのが本音です。ご本人がアパレル業界出身ですし、アパレル事業をもっと伸ばそうとされていたようですが、私が好きなのはアウトドアブランドとしてのスノーピークです。ヤフコメとかでもそんな意見もそこそこ出ていましたし、おそらく一定数存在する意見なんでしょうね。

アウトドアブランドの中では数少ない上場企業ですし、自由にやりたいことをできない部分もあるとは思うので、他社と同じ土俵で評価できない側面はあると思います。勝手な想像ですが、もしかしたら自動車業界でいうところの”レクサス”のような立ち位置を目指していたのかもしれません。確かに、同じような価格帯のブランドが横並びであれこれ存在するより、価格帯や品質面で色々なブランドが存在する方がユーザー側からしてもありがたいです。

でも、スノーピークはそっちに行って欲しくなかったなぁ、というのが私の思いです。他のブランドより少々高くてもいいのですが、高いだけあるよね、っていうアウトドアブランド。最近はアウトドアブランドっていうよりアパレルブランド?ってぐらいコラボモデルが出てたりして、”何だかなー”って思っている状況でこのニュースです。

ちょっと複雑でした。
以前の、アウトドアブランド>アパレルブランド、のような状態に戻っていくのかな、とか期待してしまい、少し喜んでいる自分もいたりして。新しいギアって何か出てたっけ?みたいな印象(出てたらすいません)でしたので、余計にそう思ったりしました。実際の事情なんかは外部からは分かりようも無く、もっと複雑な事情もあるのかもしれませんし、大塚家具みたいな親子の方針の違いがあったのかもしれないです。(それこそあのような形にはなってほしくないですけど)

もしかしたら、社長が先代に戻っても方向性は変わらないかもしれません。
でも、好きなブランドがこのような形でニュースになるのはうれしくは無いですよね。今後、変なことになることなく、スノーピークはスノーピークとして成長していってもらいたいですね。

qoo5
qoo5

ちなみにスノーピークについて、グダグダ書いている記事はこれで3つ目なのですが、過去の記事もアクセスがこの数日延びてるんですよね(^_^;)

こんな愚痴というか独り言に需要なんてあるんですかね(笑)


すいません、まとまりなく思いつくまま書いていますが、変なことにならずにスノーピークがアウトドアブランドとして存続してもらうことを祈るばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました