薪の状態チェックには必須!デジタル水分計(4ピンタイプ)のレビュー!!

デジタル水分計-MD814ギア

皆さん、こんにちは(^▽^)/

今回はデジタル水分計のレビュー記事です。だいぶ前に購入していたのですが放置していました…。少し時間ができましたので、薪の水分量変化の計測と共に記事にしていきたいと思います。
焚き火をするためには薪が乾燥している事が重要です。色々な意見があるようですが、一般的に15%~20%程度が適していると言われていることが多いようです。では、その数値はどうすれば分かるかというと測るしかありませんね!

という事で、木材に含まれている水分量を計測する測定器がこちら、木材水分計です。

qoo5
qoo5

個人的な感覚の話になりますが、計測器の価格と精度は比例関係だと私は思っています。
正直、焚き火用の薪の水分量に精度は求めていないので、お手頃価格なものを選んでみました。

スポンサーリンク

購入したら一緒についてくるものは?

デジタル水分計=DEGITAL MOISTURE METER

英語で書くとなんか立派な感じになります(笑)
それはさておき、購入したら何が一緒についてくるかをご紹介しますね。

デジタル水分計-内容物

写真の通り、一回り大きめの段ボールケースに入った状態で届きます。中身については次のものが入っていました。

  • 水分計本体
  • 収納ケース
  • 9V電池 ※本体に取付済
  • ピン(4本) ※本体に取付済
  • 予備ピン(2本)
  • 説明書

最初に箱を開けたとき、収納ケースがあったのを見て『おぉー!』とか思っていたのですが、よくよく考えたら、私は家でしか使わないので全く不要だったという(^_^;)
ただ、電池が同梱されているのは助かりました。単3単4辺りなら家にも買い置きがありますが、9V電池は置いてないんで、ここはポイント高かったです!

qoo5
qoo5

予備ピンの発想は無かったのですが、そんなに折れたり無くなったりするもんなんですかね(笑)

本体の詳細

水分計本体のご紹介です。

電池のセット

デジタル水分計-電池

先ほどご紹介したとおり、9V電池は同梱されてきますので、使用する際は本体にセットが必要です。他の電化製品同様、毎日使うようなものではないと思いますので、使用時以外は外しておいた方がいいと思います。背面側にスライドして外せる部分がありますので、そこに電池をセッティングします。

ピンの確認

デジタル水分計-ピン

すいません、先端のピンが最初からつけた状態で納品されるのか、自分でつけたのかを忘れてしまいましたm(_ _)m
自分で取付するにせよ、初めから取りついているにせよ、写真のような状態になります。2ピンのタイプなんかもあるようなのですが、4ピンの方が何となく正確に測れそうな気がしたので、こちらを選択しました。

動作確認

デジタル水分計-動作確認1

ボタンは2つしかありません。

  • 電源ボタン→いつもの〇に縦線のやつです。
  • ホールドボタン→「H」マークのボタンです。

電源ボタンを入れると、デジタル表示が出てきます。本体にも書いてありますが、AUTO OFFなので、しばらく操作が無いと勝手に電源OFFになります。基本的に、ピンの先端部分の水分量を常時表示してくれているので、何も差していない状態だと常に0%が表示されます。

ホールドボタンを押せば、その状態での水分量を表示したままにしてくれます。

デジタル水分計-動作確認2

%表示の左端に「H」表示が出ていると思いますが、これが出ている間はどこに差しても表示は変わりません。測定した水分量を記録したいときなんかに便利ですね!

早速使ってみました!

早速ですが、ベランダに保管したある薪に突き刺してみました(笑)

デジタル水分計-測定

とりあえず先端に差してみましたが、ちゃんと測定できているみたいです。他のものに差せば数値はちゃんと変わっていました。

使用方法としては、電源を入れた状態で木材に突き刺すだけです(笑)

qoo5
qoo5

ただ、他のサイトなど見ていると正しく測定するには、薪を割ってその断面に差してあげる方がいいみたいですね。確かに外側は乾いていますし、含水率という対象なので、内部を測定する方が正確です。

収納ケース

一応、収納ケースに入れた状態の写真です。

デジタル水分計-収納

電池を外した状態でも全て入れることができます。
でも私は、この状態に収納してからさらに外箱に入れて置いています。四角い箱の方が何かと収納には便利なんですよね(^_^;)

と言う訳で、デジタル水分計のご紹介でした。とりあえずの薪の状態(含水率)を確認するにはお手頃価格で入手可能なので、自宅に薪を保管されている方は、一つぐらい持っていてもいいかと思います。乾燥が進んでいる薪から順番に持っていくとかでもいいと思いますし。

参考してください!

購入品

タイトルとURLをコピーしました