Colemanの愛用ランタン/POWERHOUSE 295のメンテナンス!

Coleman-POWERHOUSE295ギア

皆さん、こんにちは(^▽^)/

突然ですが我が家はついにキャンプのオフシーズンに突入しました…。
【キャンプ楽しい】<【寒い】ってだけです(ー_ー;)
例年11月から3月ぐらいまでは何となく前向きにキャンプ行こうぜ!って雰囲気にもならないんですよねー。別に外に遊びに行かない訳ではないんですけど、キャンプで泊まりとなると何となく寒さを気にして暖かくなってから…とか考えてしまいます。

そんな訳なので、休みの日に少しずつギアのメンテナンスなんかをしてみようかと画策しております。まぁ、あくまで素人メンテですし、掃除程度ですけど、大事なギア達を少しでも長く使えるように整えておきたいと思います!

スポンサーリンク

Coleman/POWERHOUSE 295

まずは我が家のメインのガソリンランタンから!
こちらは私の親父様から譲り受けた30年近く前のものです。まだまだ現役で働いてくれてます。ガソリンランタンってポンピングとか面倒くさいですけど、LEDの光とは違う優しさありますし、すごいオススメですよ。たぶんコイツが現役引退することになっても、またガソリンランタン買うと思う(笑)

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-全景

でも実は少し前に、故障していたんです。全然燃料を吸い上げなくなって、光らない状態でした。近くのアウトドアショップに修理を頼んで一応直って帰ってきたのですが、その後に家のベランダで使おうとしたら、外側もファイヤー!って燃えだして(汗)

qoo5
qoo5

全体がメラメラ燃え出したので結構焦りました…。

修理から帰ってきたばっかりだったので完全に油断していました。

まぁ、原因は多分燃料が漏れてんだろうと。何もない所からは燃えないし、燃えるものといったら燃料(ガソリン)だけなので、あとはどこが悪いかを確かめるだけ!
という事で、今回は掃除というより分解してみて不具合調査です。

まず用意するものは?

このランタンの構造はわりとシンプルなのですが、私も最後まで分解したのは初めてでした。でも、ネットとかで他の人のブログやColemanオフィシャルとか見ながらでも十分出来ました!器用不器用は特に大丈夫だと思います。多少のコツとかはちょこちょこ必要な部分もありますが、私自身は苦労した感じはなかったです。

で、分解するには工具がもちろん必要です。最低限あったほうが良いものはコチラ。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-スーパーレンチ

コールマン:スーパーレンチ

スーパーレンチって自分で言っちゃう?!ってネーミングですが、コールマン製品の分解には必須工具みたいです。形を見てもらえれば分かりますが、色々なサイズのナットやボルト頭に合うようになっているので、こいつ1本あれば、ほとんどのナット類が取り外しできるようです。

qoo5
qoo5

私は今まで持っていませんでした。

メンテナンスをしてない証拠ですね(^_^;)

必要な工具は以上!
あとはウエスとかサンドペーパーや汚れ取りの薬品とかあれば、って感じです。目的に合わせてサブ的なものを用意するぐらいで、分解に最低限必要なのはとりあえずこれぐらいです。ぶっちゃけナットが外せればいいので、スーパーレンチじゃないとダメなことはないです。通常のスパナとかでも大丈夫です。

早速分解スタート!

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-分解1

まずはポンププランジャー(例のシュコシュコするやつ)から。
今回はこの部分に不具合は無いので、ここを分解する必要はないのですけど、せっかくなので取り外す写真だけでも(笑)
スーパーレンチがちょうどハマる隙間があるので、そこにハメてカチッと少し回してあげるとポンププランジャー自体が抜けます。(抜いた後の写真は撮り忘れていました!)

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-天かさ
Coleman-POWERHOUSE295メンテ-分解2

次はベンチレーター(頭に乗っかった傘)の取り外しです。
頭のところのボールナットを手で回すだけ。ナットを外すとベンチレーターがスポッと取れます。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-グローブ

次はグローブ(そのまんまガラス)です。
こいつは要注意!ただのガラスです。持ったらわかりますが、あー割れるヤツ(笑)って感触の普通のガラス。下の土台に乗っかってるだけなので、上に持ち上げると取れます。

qoo5
qoo5

横に置くときも布の上とかに置くとか、

蹴とばさないようなとこに置くとか要注意!

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-分解2

こんな状態です。今回はマントルを交換しないのでここはスルー。マントルの交換はまた別の機会にでも。でも何かこれだけだと見た目的にちょっと貧相ですね(^_^;)

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ヒートシールド1
Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ヒートシールド2

続きましてはヒートシールド(土台みたいなやつ)の取り外し。ピンで固定されているので、この固定ピンを外してあげると抜けます。ばね板なので、軽く広げてあげれば外れます。

qoo5
qoo5

ピンセットとかラジオペンチとか

先の細い工具があった方が作業が楽です!

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ナット取り外し1
Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ナット取り外し2


分かりますかね?この写真。上側のナットはジェネレーター(真ん中に立っている棒)を取り外すためのナットです。こいつを緩めて下側のナットも少し緩めてあげると、ジェネレーターが外せます。ここでもスーパーレンチを使います。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ジェネレーター取り外し

こんな感じですね。下側の薄いナットも外してます。そうするとこの写真のようにジェネレーターが抜けるはず。時間があればこれもキレイにしてあげたいとこですが、今回はファイヤー!の不具合発見が最優先なのでパス!

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-本体取り外し

ちなみにこれが本体だけを取り出した状態です。
この時、くれぐれもマントルは触らないように!
簡単に潰れます。最初の頃に何も知らずにふとマントル触ったら『あぁ~~!!』ってなりました(^_^;)

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-本体取り外し2

バーナー本体を取り外すと、こんな感じです。周りの輪っかはただ乗っかってるだけです。
とりあえず本日の分解作業はここまでです。

qoo5
qoo5

私の腕前ではこれ以上の分解は無理(^_^;)

で、結局不具合の原因は??

一通り分解してみて、各パーツのナットなどに緩みがないかなど触ってみて、特に変なとこは無かった気がする…。せいぜいジェネレーターがススで真っ黒だったことぐらい?

ん?って事はどこ?

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-ジェネレーター根本

ここ?

そう、ジェネレーターの根本(というか中)にフックのようなものが見えます。どうやらここが原因だったみたい。ここがちゃんと引っかかって無かったので、上手くガソリンが吸い上げられなかったようですね。組み立て直すときは、フックがあるから普通に引っかけて作業を進めましたけど、実はここがキモだったみたい。後でネットで調べていて知ったのですけど、これを引っかけないと吸いあがらないみたいですね。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-完了

無事復っ活ー!!ちゃんと快調に光ってます。やっぱり良いですねー、この光!

と言う事で、メンテナス終了!

最後に驚愕の事実が…!!

あとは余ったガソリンを抜いて終了です。ランタンを傾けて直接トポトポと抜いても良かったのですが、しばらく点灯していたのもあり、まだ本体が熱かったので、コイツを今回は使ってガソリンを抜いていたんです。

qoo5
qoo5

結構前から持っていたんですけど、

実は使うのは初めて。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-チューブ

ポンピングすると、その圧力を利用して中のガソリンを吸い上げてくれるのですが、たまたまガソリン缶に差していたホースが揺れて抜けちゃったんです。そしたらガソリン缶の上のところにガソリンがドバーってこぼれちゃって。

はい、その写真です。

Coleman-POWERHOUSE295メンテ-錆

ん?なんか茶色い物体が…。

触るとジャラっとしてる…。

もしかして…。

_| ̄|○ il||li

錆だ…。

気づかなかったけど、いつからだろ。

ジェネレーターもちょっと曲がったりして結構ボロボロだし、リアルに買い替えも考えないと駄目かなーって寂しくなっちゃいました(T_T)
メンテナスは本当に大事ですよね。いつまで元気に光ってくれるか分からないけど、今まで以上にコイツを大事にしようと思った1日でした。

いやー、凹んだ…。

購入品

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました