アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors) 京都宇治店に行ってみました!!

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)お出かけ

皆さん、こんにちは(^▽^)/

先日、アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)京都宇治店に行ってきましたので、雰囲気や内容などをご報告したいと思います!
アルペンアウトドーアズはアルペングループのアウトドア専門店という位置づけなのですが、今のところ全国でも10数店舗しかないので、折角なので最寄り(と言っても1時間半ぐらいかかりますけど)の京都宇治店に行ってみました。

特に「これが欲しい!」みたいなお目当てがあったわけではなく、ちょっと行ってみたいってぐらいの気持ちでのお出かけでしたが、息子くんと二人でがっつり満喫してきました(笑)

スポンサーリンク

アルペンアウトドアーズとは?

新たなるアウトドアの聖地

アウトドアは、多くの人々のライフスタイルにおける一要素として、広く浸透し続けています。そんなアウトドアをもっと身近にし、日本の文化へと発展させていくことが、私たちの使命だと考えています。

アウトドアのアクティビティが大好きな方はもちろん、これから始めてみたい方、日々のライフスタイルの中にアウトドアを取り入れたい方など、あらゆる方々が私たちのお客様です。自信を持って選び抜いたこだわりの商品、アウトドアの持つ価値観を強く体感できる店舗空間、スタッフによる徹底したサービスなど、他にはない独自のポジションを確立しております。

アルペンアウトドアーズは、アウトドアとライフスタイルを融合したセレクトショップとして、今後も常にチャレンジを続け、新しい価値観を提案していきます。

アルペンアウトドアーズフラッグシップストア・アルペンアウトドアーズ・アルペンマウンテンズ | AlpenGroup (alpen-group.jp)

オフィシャルページから丸々引用しましたが、とにかくアウトドア全般推してます!ってのが伝わりますね(笑)

ちなみに京都宇治店の特徴はこちらです。(店舗HPからの情報です)

  • 売り場面積:約700坪
  • ブランド数:200ブランド
  • 商品数:5万点以上
  • 関西最大級 ※この点はポイント高いですね~(笑)

はい、中々の規模でございますね。結構な時間を使ってしまいそうです(⌒∇⌒)

店舗の様子

店内には大きく分けて、服関係とギア関係の両方が展示されています。面積的な割合で行けば、ギアが7割ぐらいですかね?(そもそも展示品が大きいのもありますけど)
どちらも主だったメーカーは揃っていますし、たまにマイナー(店舗出店が少ない)ブランドもあったりするので、どちらも一見の価値があります。

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)の入り口

こちらの写真は店内入り口の様子です。1Fが駐車場で2Fに上がると入口があるのですが、この写真は店舗入り口の手前エントランスです。入口からこんな感じの雰囲気で統一されていますので、アウトドア感を感じることができますね。
エレベーターなんかも扉が木目調になっていたりするので、統一感があってちょっと気分があがります(笑)

ウェア関係

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-ウェア

衣料品関連はこんな感じです。写真はノースフェイス(THE NORTH FACE)エリアですが、この写真の左側にパタゴニア(Patagonia)コロンビア(Colombia)あたりもあります。手前はチャムス(CHUMS)とかもありました。
また、メインのブランドの中の一角に違うメーカーとかの品物もコーナーとして置かれているので、ブランド数としてはもっと多く展示されています。

ギア関係

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-ギア

ギア関係については、展示エリアとして大きく確保されているのは3つありました。スノーピーク(SnowPeak)コールマン(Coleman)ロゴス(LOGOS)、でした。定番の大手3社ですね!もちろん他のメーカーも色々置いてあるのですが、総合メーカーというか、全種揃っているのはここらですね。ノルディスク(NORDISK)やDOD、ogawa、とかなんかもありましたよ!

常設展示エリア

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-常設展示エリア

店舗の中央付近には1段高めのステージになっていて、そちらは常設展示エリアになっています。ブランドでフルセットそろえるキャンプスタイルの紹介って感じのレイアウトになっています。
この日は、ファミリーキャンプ用として、コールマン・スノーピーク・ogawaが展示されていて、ソロキャン用として、コールマン・ロゴスのテントが張ってありました。

qoo5
qoo5

テントは張っていませんでしたが、ノルディスクのコットが2つ並べてありましたね(^_^;)
息子くんが気持ちいい~とか言いながら寝転んでました(笑)

スポンサーリンク

チェア&ダイニング

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-アウトドアチェア

結構な数のアウトドアチェアが展示されているんです!自由に座り比べることができるので、すごくありがたいです。椅子はやっぱり座り心地が大事なんで実際に座って確認できるってのはうれしいポイントですよね。さすがに有名ブランド(ヘリノックス・コールマン・ogawaあたり)が多かったので、結局ネット販売がメインのちょい安ブランドはありませんけど(^_^;)

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-ダイニング

ダイニングエリアは何故かオルカ(ORCA)のクーラーボックスが勢揃い!
端っこの方にチャムスとかがちょろっと置かれているだけで、ほとんどがオルカでしたね。もちろんギアのところで紹介した3つのブランド(スノーピーク・コールマン・ロゴス)はその展示エリア内にダイニング関係も全ておいてあります。

ちなみに写真は撮っていませんが、この横あたりに寝袋関係とランプ関係などが置いてありました。

子供用の遊具

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-子供用の遊具

実は店舗内の一角に子供用(幼児用)の遊具が少し置いてあります。さすがに3~4歳ぐらいまでが対象でしょうけど、小さいお子さん連れでも来やすいですね。ほったらかしにはできませんが、子供の気分転換にはちょうどいいかも?
※案外、子供たちってテントに入って遊ぶ方が楽しかったりするんですけど(^_^;)

テント張りの実演

アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors)-テント張り実演

こちらは結構楽しめるところなのですが、店員さんがテントの張り方を実演しながら説明してくれるエリアがあります。テントの種類はおそらく数十種類あるようです。
※写真の右奥に紙がたくさん壁に貼ってあるのがそのリストみたいです。

この日はスノーピークのランドロックを張ってましたねー。この後はアルペンのオリジナルブランドテントっぽかったです。お客さんのリクエストに合わせてどんどん張ってましたね。時間に余裕があるならしばらくずっと見てても飽きない(笑)

昔、モンベルのフレンドフェアでムーンライトを実際に張ってもらって、それで購入を私自身決めたことがありますけど、こういうのは本当に助かります。そんなに安い買い物じゃないので、実際に触ってサイズ感や作業性など見れるのは、後悔することが減るので必要ですよね(^▽^)/


と言う訳で今回は、アルペンアウトドアーズ(AlpenOutdoors) 京都宇治店のご紹介でした!結局この日は何も買わずに帰ってきたんですけど、それなりに満喫できました。一応、目的としてDODのカマボコリュックの実物を見たかったというのがあったんですけど、思っていたより小さくて、イメージと合わなかったので購入は見送りました・・・。ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)のリュックとかの実物も置いてあるので、むしろそっちに触手が延びそうになりましたけど、こちらは高くて断念・・・。

また近くに行くことがあれば、ふらっと寄ってみたいと思います!

行ったトコロ

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました